ボニック 痛い 痛気持ちいい

ボニック

ボニックの痛みの原因

ボニックを使用している人の中で、ボニックが痛いと感じる人がいます。
それはなぜなのでしょうか。

 

実はボニックには超音波とEMSという電気刺激の2種類がありますが、
なかでも痛いと感じるのは、EMSという電気刺激のモードを使っている時なのですね。

 

超音波のモードでは痛みを感じる人は、あまりみかけないのですが、
EMSになると「ぴりぴりする」と言った話をされる方もいらっしゃいます。

 

ボニックで痛いと感じるのはEMSの電気刺激なのです。

 

ジェルを体に塗ってから使用するので、
電気の通りが良くなってはいるのですが、
やはり体にあてると少なからず空間ができますよね、
そこからぴりぴりとした痛みを感じる人がいます。

 

筋肉を刺激するための電気刺激になるので、
強さを調整して使用していただければと思います。

ボニックで痛いと感じる時

ボニックを使用している時に感じる痛みは、
ぴりぴりした電気刺激だと言われています。

 

しかしボニックを使用してから、
その後に筋肉が痛いと感じる事があります。

 

実はその痛みというのは、
ボニックのEMSによる電気刺激が筋肉に届いた証拠です。

 

筋肉痛のような痛みがでてくることがあります。
それは筋肉がきちんと運動をした状態になっているという証拠なのです。

 

ボニックで感じる外側からのピリピリ感と内側からくる筋肉痛のような痛み。
これらはボニックを毎日使用している人は感じることになる痛みなのではないでしょうか

 

※あまりにも痛みを感じる場合は、一度病院へいっていただくことをお勧めします。


HOME